- - -

諭旨解雇と試用期間中の解雇

諭旨解雇



論旨解雇というのは、「懲戒解雇では今後の就職にも大変でしょうし、論旨解雇で、30日間の解雇予告通知を発令する」というような場合です。

諭旨解雇なら退職金もあり、転職にも差し支えのない処分になり懲戒解雇とはかなり違います。諭旨解雇で再就職もできればお互いにハッピーになる可能性があります。

就業規則では、諭旨解雇は懲戒解雇よりゆるい処罰として、退職金をもらえるとしている会社がほとんどです。

なかには、駅員が客がもともとは悪いとはいえ暴力を振るったといって解雇になった例があります。これも、その時の情状を酌量して懲戒解雇にする場合と論旨解雇にする時があります。

click!










試用期間中の解雇


試用期間中でも、解雇は書面で通知するのが常識です。正社員にならず、解雇基準が試用期間満了による解雇は、試用期間を延長できないので通常なります。

解雇されるなら、試用期間中に転職をしないと試用期間満了で解雇になっては失業保険も支給されないでしょう。

試用期間中って解雇はできないと2ちゃんねるで書いてありましたが、そんなことはありません。人事院でも試用期間中に解雇したことがあります。もちろん試用期間後の解雇も通知の書式があるわけでもありません。










posted by 弁護士? at 02:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。